ホーム 当社の特徴 製品紹介 企業情報 採用情報 お問い合せ
当社の特徴 当社の特徴 生産・研究体制特殊接合技術開発
ホーム当社の特徴 > 特殊接合技術開発
オリジナル材料・製法においては、2000年より特殊接合技術の開発に取り組み、性能・品質の
向上、加工・材料コストの低減を実現しております。

部分焼結

更なるVA:薄肉化
材料費低減+行程削減
[従来工法]
全面焼結材→プレス抜き→
プレス溝→面取(切削)→平面研磨

[改善工法]
ベースメタルプレス抜→
部分焼結→圧下

プレス技術と溶接の融合

(1)ハウジング部(SPHC)プレス絞り成型
(2)ガイド部(SUS)プレス絞り成型
(3)ハウジング部(1)(2)(3)の肉厚が異なる絞り成型
(4)異材接合→溶接タイプ

(1)切欠部
従来工法→切削改善工法→プレス抜き
(2)接合
従来工法→電子ビーム
改善工法→溶接

円周内外全周(非磁性体)溶着

内面全面摺動材

耐摩耗性向上
オイルシールをブシュ本体へ取り付けるようにし、取付性の向上

特殊圧入タイプ

- ブシュを厚肉にする事によりシール圧入部の切削加工を容易にした。
- また、ブシュを圧入する前にオイルシールを圧入することにより時間の短縮と不良の低減をはかった。
- インナーを焼結品にすることにより切削工数を無くすことができる。

特殊プレス加工他

両面位置違い溝バリレスプレス抜
内面摺動部の切削加工レス球面精度のプレス化
板厚精度20μを圧延加工
(研磨加工の廃止)
穴加工のプレス化(切削加工レス)
フランジ(片側・両側)プレス一発加工
このページのTOPへ戻る